HAKU メラノフォーカスv

美白化粧品 > HAKU「メラノフォーカスV」の口コミレビュー。美白美容液としての実力は?

HAKUの美白美容液「メラノフォーカスV」の口コミレビューです。

 

資生堂の美白化粧品HAKU(ハク)は非常に人気が高い美容液です。

 

HAKUシリーズとして歴史は結構長いのですが、発売以降リニューアルを重ね、
現在の最新バージョンは2018年に発売された「メラノフォーカスV」になります。

 

HAKU メラノフォーカスV

 

ここではHAKUの美白美容液、メラノフォーカスVについて、口コミや使い方、
実際に使ってみて感じたことや効果などを中心にまとめて紹介していきたいと思います。

 

また、2019年3月に発売されてCMでも話題となっているHAKUの美白美容液ファンデーション、
「メラノフォーカスF」についても一緒にご紹介したいと思います。

 

 

資生堂HAKUメラノフォーカスVは信頼度が高い美白美容液

 

資生堂の中で美白化粧品はいくつかブランドがありますが、知名度が高く人気があるのがHAKUシリーズです。

 

日本の有名メーカーの商品でありながら手頃な価格帯であること、コスパがいいということ、
化粧品としてのラインナップが豊富で色々選べること、など人気の理由はいくつでもあるのですが、
やはり一番支持されている理由はその「効果」でしょうか。

 

14年連続美白美容液売上No.1のHAKU

 

HAKUの美白美容液、メラノフォーカスシリーズは発売以降とにかく‘効果面’での評価が高い印象です。

 

いわゆるプチプラコスメのようにとても安いという訳ではありませんが、
使い心地や美白効果など、総合的に見ても非常にコスパが良く優秀な美容液と言えると思います。

 

アットコスメやその他のレビューサイトの口コミを見ていても全体的に評価が高いです。

 

もちろん人によって合わない、効果がなかった、と言った口コミもありますが、
全体としては良かった、効果を実感したという口コミが多く、やはり日本人の肌、シミについて
長年研究してきた日本のメーカーだからこそなのでは、と思います。

 

そんなHAKUの一番新しい美白美容液、メラノフォーカスVについて紹介していきたいと思います。

 

 

HAKUメラノフォーカスVの口コミと紹介

 

ここからはHAKUメラノフォーカスVを紹介していきます。
資生堂の美白化粧品ブランド、HAKUは現在8種類ほどの商品が展開されています。

 

  1. アクティブメラノリリーサー(化粧水)
  2. インナーメラノディフェンサー(乳液)
  3. メラノディフェンスパワライザー(乳液)
  4. メラノディープモイスチャー(ジェル化粧水)
  5. メラノクールホワイトソリッド(クリーム)
  6. メラノフォーカスV(美白美容液)
  7. メラノシールドマスク(パック)
  8. メラノフォーカスF(ファンデーション)

 

ここでは、 美白美容液(メラノフォーカスV)とファンデーション(メラノフォーカスF)について
紹介しますが、他の化粧品も使い心地もよくおすすめです(ライン使いもいいですよ)。

 

さて、HAKUシリーズの中でも美白美容液は多分メーカーさん的にも気合が入っているというか、
おすすめの化粧品なんだと思います、

 

メラノフォーカスV、購入しやすい色々なサイズ(トライアル)などが販売されていることも多いです。

 

HAKU メラノフォーカスVのトライアルサイズ

 

写真右は以前発売されていた10gのお試しサイズです。
数量限定の商品だったため売り切れとなり、現在は販売されていません。

 

現在は写真左の現品サイズの容器で、中身が少な目で値段も安いタイプが販売されています。

 

見た目は現品と同じですが、中身のレフィルが20gです。
通常サイズですと45gで10,800円なのですが、20gで3,996円と購入しやすい価格になっています。

 

 

 

 

 

ちなみに、こちらの20gの少量サイズも限定発売のため、販売終了になる場合があります。
気になる方はお早目に.....


 

日本の大手メーカーの化粧品でトライアルのような量(ミニサイズ)があることはあまりないので、
こういう部分もHAKUは使いやすいと感じる部分でもありますよ。

 

ちなみに、今回紹介している20gのサイズも外の容器は通常サイズのため、
そのまま使い続ける場合は45gのレフィルを購入してもこの外容器が使えるという訳です。

 

HAKU メラノフォーカスVのトライアルサイズの容器とレフィル

 

中のレフィルだけ購入すればいいのでその分少しお得ですし、ゴミの削減にもつながりますね。
(通常10,800円ですがレフィルだと10,476円)

 

HAKUの化粧品はどれも白いパッケージのシンプルなもの。
美白美容液のメラノフォーカスシリーズも似たデザインで揃えていますが
今回のメラノフォーカスVは蓋が虹色。キラキラと美しいですよ。

 

HAKU メラノフォーカスVの蓋を上から見ると虹色

 

 

テクスチャーよし、密着感よし、のメラノフォーカスV

 

メラノフォーカスVは柔らかいクリーム状の美容液です。

 

美容液といっても形状は様々で水に近い液体のものから固形クリームまで色々ありますが
メラノフォーカスは柔らかめのクリームといった感じです。

 

HAKU メラノフォーカスVのテクスチャ―

 

メラノフォーカスシリーズは以前から使っていますが、基本的にテクスチャーは似たような感じ。
でも昔に使ったものと比べると少し固めになってきているかと思います。

 

一つ前のメラノフォーカス3Dと比べてもほんの少し固くなっているかなと感じます。

 

ところが普通のクリームとは全く違います。
容器から出すときは形になって出てくる‘クリーム’なのですが、肌に伸ばすときは柔らかく伸びます。

 

とても滑らかで気持ちよく伸びるんですね。

 

水っぽい訳ではないので指先に出しても流れてしまいません。
なので気になる部分にもピンポイントで使いやすいです。

 

ピンポイントで気になる部分に使いやすい

 

柔らかさもあるので顔全体に伸ばすときはそれもとてもやりやすい。
油分が多く思いクリームではなくやはり美容液なので、浸透もいい感じですね。

 

そして実感するのが密着のよさ。

 

肌にスッとなじんだ後しっかりと肌に密着します。
変な重さや圧迫感はなく軽いのですが、肌にちゃんと密着している、という感じがあります。

 

いい成分が入っていても肌から落ちてしまっては効果は期待できません。
その点「ちゃんと肌に密着している」という感じがあるのは安心できます。

 

この使い心地の良さもきっと長年研究された結果なのでしょうね。

 

 

100年を超える肌研究から生まれた美白美容液

 

HAKUメラノフォーカスVは、

 

”100年を超える肌研究と先端のシミ予防から生まれたHAKUの最高傑作”

 

とされているのですが、資生堂としてもかなり気合の入った美白美容液ということがうかがえます。
ここでは、メラノフォーカスVがどういった‘新しさ’と‘技術’を持った美白美容液なのか紹介していきたいと思います。

 

抗メラノ機能体
資生堂は2011年に日本で初めて2種の美白有効成分を組み合わせた「抗メラノ機能体」を配合。

抗メラノ機能体とは、2種の美白有効成分「4MSK*1」と「m-トラネキサム酸*2」を独自の処方で組み合わせたもの。
すばやく浸透する4MSKが、じっくり浸透するトラネキサム酸をまきこんで肌の奥に深く届きます。

 

Vカット複合体
Vカット複合体とは、トルメンチラおよびイチヤクソウのエキス、グリセリンを組み合わせた成分。

肌を整え、保護します。

 

3Dターゲティング処方採用
最新の3D解析によって解明したシミ部位のメラニン分布。そのデータから開発した処方です。

メラニンの生成ルートをあらゆる方向から狙い撃ちして防ぎます。

 

資生堂の美白化粧品はm-トラネキサム酸が使われていることが多いのですが、
HAKUはm-トラネキサム酸に加えて4MSK、Vカット複合体、アンダーシールダー、白蓮果RHAなども配合。

 

また技術的にも新しい部分が多いのですが、これも長年のシミ・美白研究から生み出されたもので
やはり資生堂の研究開発力・技術力は素晴らしいと思います。

 

こうした長年の研究から生まれる最新技術や成分の集大成として生み出されているのが
HAKUの最高傑作とされるメラノフォーカスVなんですね。

 

 

HAKUメラノフォーカスVは保湿もできる美容液

 

メラノフォーカスVは美白美容液ですが保湿力もあります。

 

美白系の化粧品、以前は乾燥するようなものが多く、だから苦手と言う人もいたのですが、近年はそういうことも減ってきました。
保湿力のある美白化粧品も増えてはいます。

 

ただ、使い心地と効果の両方が両立しているという商品は実は少な目で・・・

 

 

保湿力が高いと美白が微妙と感じたり、保湿力がありすぎて?ベタベタしてしまったりと、どちらかを取ればどちらかが良くないという化粧品も割とあるんですよね。


 

でもHAKUメラノフォーカスVは保湿も美白もしっかり。

 

ちゃんと両立している美白美容液です。

 

 

メラノフォーカス3Dよりも刺激がなくなった?

 

HAKUのメラノフォーカスが初めて登場したのは2005年。
そこから何代もリニューアルされ、新たな技術を取り入れながら現在のメラノフォーカスVになってます。
その間、新しくなるたびに中身もパワーアップしているんですね。

 

メラノフォーカスVの一つ前のメラノフォーカス3D。
こちらも以前当サイトで紹介していますが・・使っていました。

 

HAKUの美白美容液「メラノフォーカス3D」

 

【メラノフォーカス3D】の口コミ・効果は?

 

当時はとても使いやすく、いい美容液だなと感じてはいたのですが、
肌が不安定な時、皮膚の薄いところでは少し強いかも?と感じることがありました。
(だからといってトラブルなどはなかったのですが)

 

今回メラノフォーカスVになってからは、そんな刺激も全く感じていません。
テクスチャーも似てはいるのですが、実際の使い心地が更によくなっていて驚きました。

 

そして保湿力もアップしていると思います。
以前のメラノフォーカス3Dも保湿力はあったのですが、メラノフォーカスVの方がべたべたしない使用感。
それでいて浸透がよくしっかり保湿出来る感じがあります。

 

それはきっとメラノフォーカスVの特長の一つでもある‘密着’。
密着のいいクリーム(美容液)でして、だからこそべたつかないのにしっかり保湿ができるんだと思います。

 

メラノフォーカスVは美白の色々な悩みにいい感じ

 

一つ前のメラノフォーカス3Dはトラネキサム酸配合ということもあり、両頬のもやもやシミにいい感じ、と紹介しました。

 

今回のメラノフォーカスVは色々な方向でアプローチしてくれている感じがあり、
もやもやシミ以外にも肌のくすみや頬骨の高い部分のシミ、ニキビ跡・吹き出物の残りシミ?などにいい感じです。

 

HAKU メラノフォーカス3Dの外観

 

密着度が高くなった美容液のせいか、ピンポイントでの使用も効率が良くなった気がしますし、
顔全体に塗ったときにも薄く延ばしてもしっかり肌に密着している感じがあります。

 

顔全体のケア、効率も良くなったことで顔全体の透明感にもいい感じですね。

 

密着度が上がったため、少量でも効率よく顔全体に伸ばしてつけることが可能です。

 

元々メラノフォーカス、伸びが良くて顔全体につけやすいのですが、
メラノフォーカスVになってから薄く伸びやすい上に、その量でも密着しているので浸透が良く効率がいいのではと思います。

 

気になる部分へのピンポイントはもちろん、顔全体へのケアも◎。
かなり使いやすくなっているメラノフォーカスV、使う際には密着感も感じてみてくださいね。

 

 

 

 

HAKUファンデーション メラノフォーカスFを購入、使ってみました

 

今年2019年のHAKUの目玉と言えばこちら。

 

HAKU美白美容液ファンデ メラノフォーカスF

 

ファンデーションなのに美白できる!カバーもしっかり!
HAKUメラノフォーカスFです。

 

「ケアハイブリッドファンデ」として、マツコが出演するテレビCMも放送されているので
気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

 

また、美容雑誌でも今年注目の化粧品としてあちこちで取り上げられていますし
サンプルの付録もついていたりしたのですでに使ってみたよ、という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

HAKUのファンデーションがなぜそんなに注目されているのか?というと
メイクをしているのにしっかり美白ができるということです。

 

美容液成分が豊富ないわゆる‘美容液ファンデ’、数年前から増えていますよね。
わざわざ‘美容液ファンデ’と名前がつかなくても美容成分が入ったファンデーションは増えてます。
お蔭でかなり使い心地のいいファンデーションが増えています。

 

HAKUのメラノフォーカスVは美白美容液を配合した‘美白美容液ファンデ’とでも言いましょうか。
更に特徴的なのは気になるシミをしっかりカバーすることです。

 

 

HAKUファンデーションの美容液成分は?

 

4MSK、Vカット複合体というメラノフォーカスVにも使われている美白成分が配合されています。
更に保湿成分としてSヒアルロン酸も配合。

 

美白+保湿効果のファンデーションに仕上がっています。

 

シミや肌の色むらカバーができるファンデーション

 

HAKUのファンデーションは美白が出来るだけではなくシミや肌の色むらを綺麗にカバーします。
「ファインレッドパール」でシミとそのほかの肌の色の差を抑え目立ちにくくします。

 

美白ケアとシミカバーの両方が一気に出来るベースメイク、それがHAKUのファンデーション、メラノフォーカスFです。

 

HAKUファンデーションメラノフォーカスFの口コミ

 

HAKUのファンデーション、メラノフォーカスFはリキッドファンデーションです。
見た目のデザインはHAKUらしいシンプルなデザイン。

 

メラノフォーカスVとお揃いの虹色のキラキラはファンデーションは蓋の内側に。
こういう部分にもこだわりが見えますね。

 

HAKU メラノフォーカスFの蓋の内側のキラキラ

 

中はこちら。
購入したのは一番オーソドックスなオークル10です。

 

HAKU メラノフォーカスFの中身・テクスチャ―

 

少し白っぽくなるかと心配したのですが、綺麗に馴染みました。
これ、イエローベースでもブルーベースでも肌になじみやすい色をと研究したうえでのこの色展開だそうですよ。

 

非常に伸びがよく綺麗に伸びます。
そして密着がいいですね。

 

伸びがいいのに肌にしっかり密着する。
そういうファンデーションって意外に少ない気がします。

 

見た目のファンデの色と比較すると実際肌に乗せたとき、少し白っぽく仕上がるような印象ではありますが、
変に白浮きするという感じにならず、馴染んで白い肌という仕上がりに。

 

今っぽい感じの肌の仕上がりになるのもいいなと思います。

 

つけていて驚くのは乾燥しないこと。

 

美容液ファンデでも乾燥するものって時々ありますがHAKUのファンデーションは本気で乾燥しません。
しかも保湿系の美容液ファンデというより美白系の保湿系ファンデなのに。
これはホントに驚きました。

 

乾燥しないから乾燥崩れもしにくく、乾燥肌の人にもおすすめです。

 

HAKU メラノフォーカスFの外観

 

現在最も注目されているHAKUのファンデーション。
シミやくすみに悩む方におすすめのファンデだと思います、是非使ってみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

美白化粧品ガイド2019|人気&おすすめランキング TOPへ