HAKU 美白美容液

美白化粧品 > HAKU美白美容液【メラノフォーカス3D】の口コミ・効果は?

HAKU美白美容液【メラノフォーカス3D】の口コミ・効果は?

 

資生堂の美白化粧品「HAKU」の美白美容液、メラノフォーカス3Dについて紹介していきたいと思います。

 

HAKUの美白美容液【メラノフォーカス3D】

 

※2018年3月にリニューアルされて【メラノフォーカスV】となりました。

 

資生堂HAKU、とても人気のある美白化粧品です。
やはり知名度が高く信頼して使えるという部分がとても大きいのではないかと思います。
そして、もちろん「効果」という部分でも納得できる人が多いのではないでしょうか。

 

知名度の高い商品だから口コミの数ももちろん多いのですが、
その中でも効果があった、透明感が出たなど‘納得して使っている’口コミがとても多いです。
日本の大手メーカーのため信頼度が高いというだけでなく、きちんとした効果もあるという部分でより人気が高まっているのではないでしょうか。

 

さて、そんな信頼・人気・実力どれをとってもおすすめのHAKUの美白化粧品ですが、複数の商品が存在しています。

 

  • 美白化粧水
  • 美白乳液
  • 美白美容液
  • 美白クリーム(ソリッド)

 

などなど。

 

今回はその中でも一番人気が高く効果面でも支持されている美白美容液について紹介していきたいと思います。

 

 

HAKUの美白美容液、メラノフォーカス3Dは人気!

 

HAKUの美白美容液メラノフォーカス3Dは12年連続売り上げNo,1だそうです。
ここで美白美容液だけじっくりお試しできるトライアルが発売になりました。

 

HAKUトライアルのチューブ外観

 

トライアルサイズはこういったチューブに入っています。
現品と同じ白いシンプルなデザインです。

 

チューブに入っているのでこの方がもしかしたら使いやすいかも?なんて感じてしまいます笑

 

シミの部分にピンポイントでつけられるチューブタイプ

 

細目のチューブ入りなので出す量の調整がしやすく、
シミの部分にピンポイントでつけたり重ね付けするのにしやすいです。

 

チューブの先も細いので本当に調整がしやすいのですよ^^

 

 

中はこちら。
柔らかめのクリームのようなテクスチャーです。

 

HAKUメラノフォーカス3Dのテクスチャー

 

HAKUメラノフォーカス3Dは美白有効成分を効果的に届けるため、しっかり密着するよう設計されています。

 

成分的にも浸透をよくしてじっくり効果がでるようにと考えて作られています。
どういうことか説明したいと思います。

 

 

HAKUメラノフォーカス3Dは美白有効成分が2種類配合

 

HAKUメラノフォーカス3Dは美白有効成分としてm‐トラネキサム酸と4MSKの2種類の美白成分が配合されています。
HAKUといえばトラネキサム酸、というイメージが強かったのですが、いつの間にか4MSKも配合になっていました。

 

それぞれの成分がどんな特徴があるのか紹介したいと思います。

 

m‐トラネキサム酸

 

元々抗炎症剤として薬として使われてきたトラネキサム酸を美白成分として開発したもの。
抗肌荒れ成分として医薬部外品の許可を取得。プロスタグランジンをブロックしてメラニン生成を抑制。

 

4MSK(4‐メトキシサリチル酸カリウム塩)

 

サリチル酸の誘導体でチロシナーゼの活性を阻害する。
慢性的なターンオーバーの不調に着目して研究開発された成分。
シミができる部位におきる角化エラーにも作用、たまったメラニンを排出する。

 

 

2種類の美白有効成分には理由が?

 

この組み合わせにも理由があるんだそうです。

 

素早く浸透する4MSKとじっくりと効果が出るm‐トラネキサム酸。
この2種類の美白成分を組み合わせることで肌への浸透が高くなること、また効かせたい部分へ
すばやく届けることが可能になったそうです。

 

これも資生堂の長年の研究があればこそ、ですね。

 

それぞれが美白成分として色々な化粧品に使われているものなのでそれだけでも効果はあると思いますが
より効果が出るようにと考えて開発されたということでしょうね。

 

HAKU美容液の2種類の美白有効成分

 

いわゆる「美白成分」と言われるものは沢山あります。
その中でどの成分が使われているか、どう組み合わせているか、という部分で効果に差が出るのだと思います。
(個人の肌質、シミの状態を除いても)

 

HAKUのようにトラネキサム酸が配合された化粧品は他にもあるのですが、
そういった化粧品と比べてもHAKUの美容液はちょっと違う。手ごたえがある、と感じることが多いのは、こういう理由があるからかもしれませんね。

 

 

HAKU美白美容液はもやもやシミにいい感じ

 

HAKUはトラネキサム酸配合の美白化粧品なのでやはり両ほほのもやもやシミにはとてもいい感じがしますね。
面でのアプローチが得意なのか顔全体のくすみにもいいように感じています。

 

一方、小さめで濃い、いわゆる‘シミ’には効果がちょっと薄いかなと感じていたのですが、
それはリニューアル前の話のようで・・今の現行のHAKUの美白美容液はシミにも手ごたえを感じています。

 

より効果が出やすいように、シミの部分には集中的につけます。
柔らかいテクスチャーですがシミにピンポイントでつけることもできます。

 

そうやって気になる部分には量を多めに重ね付けするようにして使うととてもいいので、ぜひやってみてください。

 

 

HAKUは乾燥しない美白化粧品

 

HAKUを使って一番感じるのは全く乾燥しないという部分です。
一般的に美白系の化粧品は乾燥したり刺激を感じるものが多いですがHAKUはそれがありません。
むしろ潤うような感じがあるのには驚きます。

 

何度かリニューアルしているHAKUの初期の頃から感じていることです。
新しくなるにつれどんどん使い心地がよくなって、より乾燥しにくくなっているように感じます。

 

HAKU美白美容液トライアルもリニューアル

 

乾燥はシミや透明感の大敵でもあります。
肌が白く美しくある‘美肌’であるためには肌の水分量が高いことは大事です。
美白というとシミやくすみなどそれだけに目が行きがちですが、肌が乾燥しないことも大事。
特に20代後半からの肌の乾燥が気になりだす世代にとって「肌の乾燥」は大事な問題です。

 

30代以降になるとシミやくすみだけでなく、シワやたるみといった様々な肌トラブルが気になり始めますが
そういった悩み対しても肌の乾燥は大敵です。

 

肌のくすみは取れたけれど肌が乾燥するようになってしまった、乾燥して肌荒れするようになってしまった、
となっては元も子もありません。

 

そういう意味でも乾燥しないHAKUの美白美容液は美しい肌を目指す方にとって力強い存在になるのではと思います。

 

 

HAKUのトライアルは12gで約40回分使用できます

 

これだけ使えれば部分的な使用はもちろん顔全体にも使って、シミや透明感がどう変化するのか、という部分も確認できると思います。
美白美容液や美白クリームは比較的値段が高く取り入れにくいのも事実です。

 

その中で資生堂HAKUの美容液は元々良心的な値段設定ではありますが、
そうは言ってもいきなり現品を購入するよりはお手頃なトライアルを試してみるのはいいことだと思います。

 

HAKU美白美容液トライアルは40回分使用可能

 

一回分のパウチと違って40回分使えます。

 

部分的な使用ならもっと長く使える可能性もあるのでコスパはとてもいいですよ。
HAKUの美容液が気になっていた方、ぜひこの機会を逃さずにトライしてみてください。

 

数量限定の商品なので気になる方は早めにチェックしてみてください。

 

公式サイトはこちら⇒ HAKU 美白美容液トライアルサイズ

 

 

 

美白化粧品ガイド2018|人気&おすすめランキング TOPへ

2018年春、No.1の美白化粧品。

アスタリフトホワイト 公式サイト

アスタリフトホワイト


エイジングケアと美白の両立ならアスタリフトホワイトが一番!長年のフィルム開発が培った独自の技術で乾燥しない美白ケアを実現。

メニュー

最新記事